歯科選びが早期治療のポイント|歯列も虫歯も歯っ科り治す

保険がきくから安心

時間は短縮され治療技術はあがる

歯医者

日本は保険で歯の治療が行なえる国です。どこの国でもじゃないのと思われるかもしれません。しかし保険がきかない国もたくさんあって虫歯の治療で何万円もかかってしまう国もあります。歯科技術の進歩によって治療も数十年前とは格段によくなっています。まず虫歯があるかないかを確認するためのレントゲンですが、椅子に座って360度のレントゲンもとれるようになりました。そしてそのレントゲン映像がパソコンの画像に写しだされるようになっています。そのため写真では見にくかった部位を拡大してより精密な治療ができるようになっています。また虫歯を抜いて型をとるさいの柔らかいものも、以前はかなり時間がかかっていましたが、現在は数分でしっかりとした型がとれるようになっています。

患者にストレスを与えない治療が進む

このように歯科も他の医療と同様に進歩を続けています。歯を削る際の音が嫌だという人がかなりの数います。そのために歯科を受診するのをためらい結果、悪化させてしまう人もたくさんいます。そういう人たちのために治療の際にヘッドホンなどをしてクラッシック音楽などを流しリラックスできる工夫をしている歯科もあります。また軽微な虫歯であれば虫歯を削り、歯と同様の薬剤を施し歯の噛み合わせを整えることによって短時間で治療がすみ、技術があがったのにも関わらず治療費がぐっと経済的になった治療もあります。それから時間がない人のために完全予約制をしいて時間にはきっちり治療がはじまる工夫された医員もあります。どんどん患者にストレスを与えない方向へ向っています。